コインチェック アプリ

【使いやすい?】コインチェックのアプリ

【使いやすい!?】コインチェックのアプリ

 

コインチェック アプリ

 

 

 

株や為替もそうですが、仮想通貨の取引でもスマホで取引する人が大変多いです。

 

そんな訳でコインチェックのアプリについて調べてみました。

 

 

 

 

コインチェック 本人確認 IDセルフィー

1.【コインチェックのアプリ】

 

 

コインチェック アプリ

 

 

 

コインチェックのアプリをスマートフォンにダウンロードルするとこんな感じで表示されます。

 

水色のシンプルな感じです。ヤフーやグーグルの検索画面でコインチェックアプリと入力すると、コインチェックのホームページがでますので、

 

そこからダウンロードできます。

 

 

 

 

コインチェック 本人確認 IDセルフィー

2.【コインチェックのアプリのメニュー表】

 

 

コインチェック アプリ

 

 

 

コインチェックアプリのメニュー表です。コインチェックアプリからログインすると表示されます。

 

上から総資産、取引履歴、チャート、コイン購入、コイン売却、ビットコイン送金、受け取る、日本円の入金、日本円の出金、チャット、設定、ヘルプセンター

 

の選択メニューがあります。

 

 

 

 

コインチェック 本人確認 IDセルフィー

3.【コインチェックアプリの仮想通貨価格一覧表】

 

 

コインチェック アプリ

 

 

 

コインチェックアプリの価格一覧表です。

 

こちらがコインチェックで取り扱っている仮想通貨です。上からBTC(ビットコイン)、ETH(イーサム)、ETC(イーサムクラシック)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)

 

XMR(モネロ)、REP(オーガー)、XRP(リップル)、XEC(キャッシュ)、XEM(ネム)が表示されています。

 

 

取引所によって通貨の呼び名や略称が少し異なる場合があるので、注意しましょう。

 

 

 

 

コインチェック 本人確認 IDセルフィー

4.【コインチェックアプリのチャート】

 

 

コインチェック アプリ

 

 

 

コインチェックアプリのチャートです。表示されているのはBTC(ビットコイン)のチャートです。

 

水色ベースで見やすいです。表示期間の単位は1時間、1日、1週間、1年単位です。

 

この単位でコインチェックのチャートが表示できます。

 

 

 

 

コインチェックというアプリを使い、リップルという仮想通貨の取引を始めました。

そこで質問なのですが、
例えばチャート上では現在3.7円となっていたとしても、いざ購入画面に行くと1リップルにつき3.75円くらいになっています。

 

反映には時間がかかるのでしょうか?
それとも手数料のようなものも含まれているということなのでしょうか?

スプレッド(売りと買いに価格差をつけた手数料)が含まれているためです。
コインチェックでは表示価格より通貨によって1%から5%のスプレッドがつきます。

 

また表示価格には細かい取引単位で表示されているため、一定単位を購入しようとすると、
細かい単位で表示された通貨をまとめるため、安い値段から高い値段を購入する必要があるためです。

 

また予想ではpoloniexなどの取引所で成行買いや売りを行っていると思われます。
なぜなら数量を変えると取得単価が変わるからです。しかも多ければ高くなることが多いです。