コインチェック 税金

【警告!脱税】コインチェックの税金(知らなきゃ損!?)

コインチェックビットコインなどの仮想通貨 税金 登録

 

 

ビットコインなどの仮想通貨を始めて稼げるようになると、どのくらい税金が取られるか気になりますよね?

 

所得になるので、もちろん全部もらえるわけではないですしね・・。

 

 

コインチェックビットコインなどの仮想通貨で稼いだときにどのくらいの税金がかかるかをしらべてみました。

 

 

【ビットコインなどの仮想通貨の税金はどのくらいかかるのか?】

コインチェックビットコインなどの仮想通貨 税金 登録

 

 

コインチェック ビットコインなどの仮想通貨 登録 デモビットコインなどの仮想通貨の税金についてはこの2ポイントを抑えましょう!

 

 

コインチェック ビットコインなどの仮想通貨 登録 デモ「年間通算利益が20万円以下なら税金がかからない!】

 

年間利益が20万円以下なら申告も納税も必要ありません!まずはこの20万円ラインをチェックしましょう!

 

コインチェック ビットコインなどの仮想通貨 登録 デモ他に副業をしていて、合計で利益が20万円以上なら税金がかかります、確定申告が必要ですよ!

 

 

コインチェック ビットコインなどの仮想通貨 登録 デモ【ビットコインなどの仮想通貨取引の税率は超過累進課税率!】

 

年間20万円以上の利益がでると、確定申告と納税が必要です。

 

仮想通貨の税金はFXや株の収入で定率税ではなくではなく、雑所得扱いになり超過累進課税に決定されました。(2017年8月)

 

定率税・・金額にかかわらず、一定の割合で税金がかかること、FXや株は利益に対し金額にかかわらず20.315%の税金がかかります。

 

超過累進課税・・利益額に応じて課税率が変わること、利益額によって20%から60%くらいまで差がでます。

 

 

 

 

コインチェック ビットコインなどの仮想通貨 登録 デモビットコインなどの仮想通貨で年間利益が20万円以上利益がでて、確定申告を行う場合

 

 

ビットコインなどの仮想通貨取引による利益は、申告分離課税になるため、使う書類は確定申告書Bです。

 

 

ビットコインなどの仮想通貨取引の利益を記載する欄はビットコインなどの仮想通貨とは書いておらず、同じ申告分離課税で所得が雑所得扱いになる「先物取引」の欄に利益額を打ち込みます。

 

また経費は書籍は申告が通りませんが、パソコンやビットコインなどの仮想通貨のセミナは申告が通ります。

 

 

わからなけらば、とりあえず申請を出してみましょう、申請を出して損することはありませんから。

 

ちなみに私はパソコンで使うデスクを経費で申請しました。

 

(私は先物と株とビットコインなどの仮想通貨の取引をしています、ですから先物とビットコインなどの仮想通貨は合わせた損益を記載しています)

 

 

また今ではE-TAXといって1000円位の機器をPCにつなげて、書類無しでデーター送信のみで確定申告が完了します。

 

私は確定申告で書類の郵送とE-TAXの両方を利用したことがありますが、E-TAXはかなり楽ですよ!

 

でも「機器を入れなくてもいいや、別に会社を経営しているわけではないし、年一回だし・・・。」

 

という人は書類の郵送タイプがおすすめです。

 

 

確定申告会場にいって申告をすると、並んだり待たされたりと半日は費やしてしまいます。(私が経験済み)

 

書類の作成、郵送でしたら2時間位、E-TAXでしたら1時間位(確認作業込み)で作業が完了します。

 

 

よければ確定申告の際の参考にしてください。

 

国税庁の確定申告書作成コーナーはこちら
国税庁 確定申告書等作成コーナー

 

 

 

コインチェックビットコインなどの仮想通貨の税金についての私の意見

 

コインチェック 登録 ビットコインなどの仮想通貨 トレード

 

ビットコインなどの仮想通貨取引を初めてまもないかたは、いきなり20万円以上の利益を出すのは難しいと思います。

 

 

まずは年間利益が20万円以上になったら確定申告が必要で税金は20%位とられるのだなと認識しておくのが大切です。

 

巨額な申告漏れになると脱税で逮捕されてしまいますからね、法律は守りましょう!ということですよね。

 

 

がっつり稼いで、しっかり税金収めましょう!

 

コインチェック登録方法はこちら

 

 

【登録無料】!最短3分で申し込み完了!のコインチェックビットコインなどの仮想通貨の登録はこちら